くすみとクマを解消する首のマッサージ

スポンサーリンク

ダウンロード

 

冷えが原因で全身の血行が悪くなると、皮膚の新陳代謝がスムーズにいかなくなり、古い角質が溜まって、くすみやニキビなどの肌アレの原因になります。

また、目の下は毛細血管がうっ血した状態透けて見えやすい場所で、青黒いクマとなってあらわれます。

 

このような状態になると顔のマッサージが効果的と思われがちですが、目の周りの皮膚はとても薄いので、無理に力を加えるとシワを作り出すなどのトラブルを招いてしまいます。

解消法として一番おすすめなのが、首のマッサージです。首は頭部へと血液を送る大事な場所。その一方、頭を支えるために筋肉が緊張して血流が滞りやすい部分でもあるため、マッサージで首のコリを和らげることで、顔の血行を回復させることができます。

【首の側面のマッサージ法】

①まず、植物オイルを手に取り、指全体に馴染ませます。オイルが人肌くらいの温度になったらマッサージを開始します。

②親指以外の4本の指を首のつけ根にあてて、下から上に向かって指を滑らせるようにやさしくマッサージします。この時、力をいれないことがポイント。左右4~5回ほど繰り返し行うことで、首回りの血流が流れ出し、血色の良い顔になり、肌トラブルが次第に改善されていきます。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加