シワやシミを消したいならビタミンAとβカロチンを摂る

スポンサーリンク

0809n_r1ビタミンAは、皮膚の粘膜や潤いを保ち、新陳代謝を促す働きをするビタミンです。

野菜などに多く含まれているβカロチンは、体の中に入ることでビタミンAに変わります。

ビタミンAが不足すると、肌が乾燥して小じわの原因になるのです。

また、ビタミンAやβカロチンには協力な抗酸化作用があり、細胞にあるコレステロールやレシチンなどの脂質を酸化させる活性酸素による害を抑制する働きもあります。

脂質が酸化すると、皮膚のハリや弾力を保っているコラーゲン繊維やエラスチンが変質し、シワもできやすくなってしまうのです。

さらに、抗酸化作用は紫外線によってあらわれるシミやシワ、ニキビの炎症を防ぐのにも効果を発揮します。

 ビタミンAは、うなぎやレバーなどに多く含まれており、日常的に摂りやすい食材では、卵の黄身や牛乳などにも豊富に含まれています。

βカロチンは、にんじんやかぼちゃ、ブロッコリー、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれているので、毎日の食事で積極的に摂るようすれば、肌の若返り効果を感じられますよ。

ビタミンAの特徴として、油に溶けやすいという性質があります。また、βカロテンを含んでいる野菜には油が含まれていないので、油を使って調理した方が効率よく吸収することができます。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加