シワを防ぐ!正しい保湿対策①

img61672419

 

●洗顔は水で行う

体温よりも高い温度で洗顔を行うと、皮膚に必要な皮脂も溶けだしてしまい、乾燥のもとになります。洗顔は水、もしくは体温よりも低いぬるま湯で行うことがベストです。

水だとメイクが落ちにくいという人は、ポイントメークを専用のリムーバーで落としてから、全体のクレンジングをしましょう。

●化粧水は適量

化粧水はたくさんつければ良いと思っている人もいますが、皮膚にバリア機能があるため、化粧品は肌の奥までは浸透しません。ですので、化粧水は肌表面が潤う程度で十分なのです。

化粧水を付けた後は、しっかりと手のひらでやさしく押さえて、肌に馴染ませてから、次のステップを行うようにしましょう。

●保湿パックのやりすぎは逆効果

コットンパックやシートパックなどは、長時間続けると効果がありそうに思いますが、10分以上続けていると、肌の水分がシートに移動して、逆に乾燥することがあります。

コットンやシートパックをするならば、5~10分程度で終了するようにしましょう。

●美容液や乳液で被膜を作る

化粧水を付けた後そのままでいると、水分が蒸発してしまいます。

化粧水後にはすぐに美容液や乳液、クリームなどを上からつけて、被膜を作りましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加