ビタミンCは肌に塗るよりも口から取り入れる

lemon

 

美肌のために、ビタミンCがとても大切なことは誰しも知っていると思います。

ですが、レモンの薄切りを顔に乗せてパックして美白効果は得られません。それは、ビタミンCは水溶性で肌につけても殆ど浸透しないからです。

 

化粧品の成分して注目されているビタミンC誘導体というのは、ビタミンCを肌に浸透しやすいように形を変えたもので、これなら化粧品からでもしっかりとビタミンCを肌に補給することができます。

ですが、化粧品の成分表示にあるビタミンCはたいてい酸化防止剤として配合されていることが多く、肌に浸透して働くというよりも、化粧品の変質を防ぐのを目的としているので、注意しましょう。

肌に浸透しやすいビタミンC誘導体ですが、皮膚から吸収できる量は限られているため、やはり体の内側から摂るのが一番効果的です。

ビタミンCが豊富に含まれている食材と言えば、野菜や果物です。野菜では、ブロッコリーやトマト、ピーマン。果物では、イチゴやキウイ、レモンなどの柑橘系に多く含まれています。

ビタミンCは水溶性のため長時間水につけておいたり、加熱しすぎると溶けだして減ってしまうので、できるだけ生のまま摂るのがおすすめです。

また、体の中に蓄えておけないので、毎食こまめに食べるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加