汗の臭いが気にならない!ハーブで作るボディパウダー

0003

 

バスタイム後の汗ばんだ肌をサラサラに保つボディパウダー。特に夏に大活躍するボディケアアイテムと言えます。

ミネラル成分が豊富なカオリンに、甘く上品な香りがするローズパウダーを混ぜるだけで、肌にやさしい手作りボディパウダーができます!

 

薄いローズ色に染まったパウダーを汗が気になる部分につけると、やさしいローズの香りにより体も心もリラックスしてきて、優雅な気分を味わえますよ。

注意点としては、湿気を吸いやすので、密封容器に入れて1か月ほどで使い切りましょう。

●材料(1回分)

・カオリン…大さじ1

・ローズパウダー…1g

●作り方

①乳鉢に、分量分のカオリンとローズパウダーを入れます。

②乳棒を使って、よくかき混ぜたら完成です。

●使い方

手のひらにとって、汗を抑えたい部分に軽くはたいていきましょう。

 

ーハーブパウダーの作り方とは?-

材料として出てくるハーブパウダーは、ドライハーブをパウダー状にしたもので、材料にハーブの作用をプラスし、色をつける効果もあります。市販されてもいますが、手に入りにくい場合は、自分で作ることができます。

作り方はとても簡単で、ドライハーブをよく乾かしたミキサーにかけて、細かくするだけです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加