朝晩の洗顔が美肌への基本

スポンサーリンク

ダウンロード洗顔は美肌のために最も大切なステップです。洗顔をおろそかにすると、様々な肌トラブルが起こりやすくなります。

洗顔は、ただ石鹸を泡立てて洗うだけではありません。

洗顔の始めにはまず、自分の手を洗うことで、汚れを落とすだけでなく、洗顔の泡立ちも良くします。

そして、予洗いですが、体温より少し低い30~35℃くらいのぬるま湯を、顔全体に2~3回かけます。これで、表面の大きな汚れを落とします。

本洗いは、予洗と同じようにぬるま湯を使い、石鹸を泡立てていきます。ブラシやスポンジは使わずに、微妙な力の加減ができる手で洗うのが一番です。

まず、手のひらに洗顔料をとって、たっぷりと泡立てます。できるだけきめの細かい泡を作り、それで洗うのがコツです。泡が多いと、油の粒子を吸着しやすいので、力を入れなくても汚れが落ちやすいのです。

手のひらで作った泡を、顔の上で転がすように洗っていきます。乾燥しやすい頬などは特に優しく洗いましょう。

そして、最後のポイントはすすぎです。丁寧に洗顔してもすすぎの残しがあると、肌に残った石鹸が原因でシワができることがあります。髪の生え際やこめかみ、顎から耳の輪郭部分、小鼻のくぼみにも残りやすいので注意しましょう。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加