美容液をより浸透させる30秒マッサージ

スポンサーリンク

1460030_605595126172394_289020260_n化粧水で補給した水分を、肌にとどめる保湿のためにつけるのが美容液です。保湿が上手にできている肌は、みずみずしく常にしっとりとしています。

美容液は少量でも伸びが良く、季節や肌の状態にもよりますが、スポイドで2~3滴、乾燥肌や冬のケアでも3~4滴あれば顔全体に十分伸ばすことができます。

日中の肌チェックをした時に、乾燥していると感じたら翌朝つける美容液の量を少し増やしてみましょう。昼に乾燥していなければ、それが適量と言えます。

さらに美容液をつける時に簡単なマッサージを加えると肌のツヤがより一層良くなりますよ。美容液を伸ばしながらたった30秒でできるので、ぜひ試してみてください。

【美容液をより浸透させる30秒マッサージの方法】

マッサージには、血行を良くして肌のツヤを良くする効果がありますが、やりすぎはかえって肌を傷める原因になります。時間をかけたマッサージは週に1度行う程度で十分です。

毎日のスキンケアでは美容液をつけるついでにできる30秒マッサージがおすすめです。

やり方は、中指と薬指の腹を使って、顔のリンパに沿ってクルクルとらせんを描くようにやさしくマッサージします。この時にこめかみ、目頭の上、鼻の下の溝中央部分のビューティーポイントを中指で押すと、より一層効果的です。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加