冷えの影響は肌に現れる!?

スポンサーリンク

images肌は心身の状態を表す鏡とも言われています。

皮膚の細胞は血液を通して栄養や酸素を受け取り、老廃物を排出しているのですが、血液循環が悪くなるとその働きがうまくいかず、肌の状態が悪くなります。

また、冷えを感じるとまず内臓がある体の中心部分を温めようとするため、手足の先や皮膚の血流が少なるなります。

 

特に顔は外気に触れているので、冷えの影響を強く受けやすい場所でもあります。

健康な肌は28日周期で生まれかわっていますが、このサイクルが乱れるとシミやくすみ、シワ、ニキビなどの症状が出てきます。

化粧品で潤いを与えることも大切ですが、半身浴や運動などで体の芯から温めることをおすすめします。

【冷えが現れるポイントとは?】

●乾燥

新陳代謝がうまくいかずに肌表面に残ってしまった古い角質には、水分を十分にキープする力がありません。乾燥が進むと肌は弾力を失い、シワの原因を作りだします。

●シミ・くすみ・ニキビ

ターンオーバーの周期が乱れるとメラニン色素が蓄積してシミになったり、余分な角質が肌をくすませたりします。また、毛穴に皮脂が溜まることでニキビの元を作り出します。

●むくみ

血行が悪くなると余分な水分が溜まってむくみの原因になります。朝起きた時にまぶたなどが腫れぼったくなっていたら、まずは冷えを改善するようにしましょう。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加