シミ予防の決めては紫外線対策

スポンサーリンク

SONY DSC

 

シミは皮膚の一部にメラニン色素が異常に増えた状態を言います。

このメラニン色素を増やす最大の原因が紫外線。シミを防ぐには、UVケアをしっかりすることが重要なポイントとなります。

特に女性の場合、排卵から次の生理が始まるまでの間は、黄体期と言ってシミができやすい時期なので、いつも以上に気を付ける必要があります。

シミに対するセルフケアとしては、美白化粧品が中心になります。美白成分として一番頼りになるのはビタミンC誘導体。ただし、美白化粧品はメラニン色素の産生を抑えることなので、紫外線を浴びてメラニンが作られ始める時に使うのが最も効果的です。

できたしまたシミにはピーリングが良く行われますが、角質を剥がすことでシミを薄くしようとするため、肌が丈夫な人でないとトラブルが起こることもあります。

ピーリング後の肌は紫外線に弱くなるので、かえってシミになる人もいます。

化粧品では消えないシミは、やはりプロのケアに頼りることになります。皮膚科での治療は塗り薬が基本です。最近では皮膚の生まれ変わりを早めるレチノイン酸や、強力な漂白剤であるハイドロキノンなども使われています。また、安全性の高いフォトフェイシャルやデルマトロンが良い結果を出します。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加