くすみは十分な洗顔と保湿で透明肌へと導く

スポンサーリンク

ダウンロード肌がくすんで見える原因は様々あります。

まず、肌に汚れが残っていることです。クレンジングがちゃんとできていなかったりすると、落とし切れなかったファンデーションや汚れが皮膚の表面の溝に溜まってしまいます。

また、クレンジングの後、石けん洗顔をしない人や、朝は水で顔を洗うだけという人も汚れが残っていて、透明感が失われてしまいます。

このような状態だと、どんなに高価な美白化粧品を使っても、脂の膜のかかった肌の中には浸透していきません。

汚れをきちんと落としてキレイにしてこそ、化粧品の有効成分も働くことができるのです。

また、肌が乾燥して潤いがなくなった時も、肌がくすんだ印象になります。洗顔と保湿という日常のスキンケアの基本を丁寧にすることが、肌の透明感をキープするコツなのです。

顔色がくすんでいると感じたら、蒸しタオルと冷たいタオルのパックを行うことで、血行を良くして顔色を良くすることができますよ!

【血行を良くする冷温タオルパックの方法】

①熱めのお湯に浸して絞った蒸しタオルを顔全体に2~3分ほどのせます。

②今度は冷たい水に浸して絞ったタオルに交換して、2~3分ほど載せます。

くすみがひどい時には、2~3回ほど繰り返すことで、見違えるような血色の良い肌になれます。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加