化粧崩れを防ぐポイント!

スポンサーリンク

96886d092c6a4df0f1162697dc9b25c8一般にオイリー肌の人は、メイクをしてから時間がたつと脂が浮いて化粧崩れしやすいものです。

こういう人は、朝、化粧水と美容液で肌を整えた後、ファンデーションを塗る直前に、収れん化粧水でパッティングしておくと、皮脂を抑え、肌を引き締めてメイクの持ちを良くしてくれます。

 

乾燥肌の人では、頬などがカサちて、ファンデーションが浮いたように見えることがあります。

こういう人は、乾きやすい部分だけ美容液を二度塗るなど、肌の保湿をしっかりとしてからメイクすることがポイントです。乾燥した肌にファンデーションを塗るのは、、ノリが悪いだけでなく、シワやシミを作るもとになるので、注意してください。

また、外出先での化粧直しは、つい重ね塗りしがちですが、厚塗りになって見苦しくなってしまうものです。面倒でも、一度メイクを落として塗り直した方がキレイに仕上ります。

そんな時に用意してあると便利なのが、柔軟化粧水と収れん化粧水のセットです。コットンに含ませて、それぞれ何枚か小さなシールパックに密封して持っていきます。

脂の浮いた部分は収れん化粧水のコットンで、カサついている時には柔軟化粧水のコットンで拭きます。これで、ファンデーションを塗り直せば、完璧!

こんなちょっとの工夫が臨機応変のケアを可能にしますよ。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加