手作りだから肌にやさしい!~高野豆腐ローション~

スポンサーリンク

photo保存食材の一つの高野豆腐には、食べるだけでなく、美容アイテムとして活用できる嬉しい使い方があります。

高野豆腐には、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンがたっぷりと含まれているので、毎日のスキンケアで取り入れると、女性らしいツヤのある肌をキープできるようになりますよ。

ここでは、自宅で作れる高野豆腐ローションをご紹介させていただきます。

 

【高野豆腐ローション】

しっとりと潤いのある肌を目指したい人におすすめ!

高野豆腐に含まれている大豆イソフラボンと、他材料の卵のうす皮に豊富なヒアルロン酸の相乗効果がで優れた保湿力を発揮します。乾燥肌もしっとりと潤いみずみずしく保ちます。

さらに、肌の老化も防ぐ働きをするので、シワやたるみを目立たなくする働きもああります。

●材料

高野豆腐…10g

生卵の皮…10個分

根昆布…3g

ホワイトリカー(35度)…150ml

精製水…40ml

グリセリン…10ml

クエン酸…微量

●作り方

①卵の殻を良く洗い、ひたひたの水に2~3時間つける

②卵のうす皮を剥がす

③②の水分を拭き取り、2~3時間乾燥させる

④密封ガラス容器に③、1mm幅に切った根昆布、ホワイトリカーを入れる

⑤冷暗所に1週間置いて、原液を作る

⑥高野豆腐を⑤に加える

⑦冷暗所に1週間おいて、原液を作る

⑧蓋つきの瓶に、⑦の原液、精製水、グリセリン、クエン酸を加える

●保存法

化粧水は1か月、原液は半年、冷蔵庫で保存

 

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加