化粧品による肌アレの症状と原因とは?②

スポンサーリンク

1

 

なぜかひどい肌トラブルが続いている場合は、使っている化粧品を疑ってみる必要があります

 

下記の項目にあたる症状がある場合は、すぐに使用をやめて、皮膚科などの専門医を受診するようにしてください。

 

アイシャドーやチーク】

●症状:痒みを伴って赤く膨れ上がり、紫褐色のシミになった。両頬がかゆくなり、肌の色が抜けてきて広がった。かゆみがとても強く、ボロボロと皮膚がはがれ、赤く腫れてきた。そして頬や顎、首、さらには唇まで黒くなってきた。

●原因:色素、香料、防腐剤など

 【シャンプーやリンス、ヘアパック】

●症状:ヒリヒリとして赤くなり腫れた。そして、顔が真っ赤に膨れ上がって火照りを感じ痛痒さがある。また、皮膚がつっぱってヒリヒリと痛い。まぶたが開かないほど、顔が膨れ上がった。

●原因:界面活性剤や、過度のマッサージ、スポンジの刺激

 【染毛剤】

●症状:頭皮、耳の後ろ側、うなじ、額、上まぶたなどに、かゆみを伴う膨れ上がった発疹や水泡ができた。また、赤く膨れ上がった発疹が起き、痛みもある。熱が出て全身に湿疹が出た。

●原因:染料

 【ヘアクリームやヘアスプレー】

●症状:頭皮や耳の後ろ側、うなじ、額にかゆみがあり、赤くなってポツポツとした湿疹がでた。

●原因:色素、保存剤

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加