肌アレルギーを起こしやすい物質とは?

スポンサーリンク

hadaareもし、顔がかぶれるようなことがあったら、まず化粧品を疑ってください。

過度なマッサージや脱毛剤の使用、パックを剥がす刺激がなかれば、化粧品によるアレルギーの可能性が高いのです。対処法としては、ただ一つ、その化粧品は使わないことです。

どんな成分でかぶれたのか分からない場合が多いと思いますが、たとえば乳液でかぶれたと分かっているのなら、化粧水とクリームだけのスキンケアにしましょう。

どの化粧品でかぶれたのかが分からない時は、酸性化粧水か、無香料で油分を含まない化粧水だけを使ってみます。

数十年間の間で、化粧品に含まれている化学物質でアレルギーや皮膚障害をが多く発生したかというデータを見ると下記の7つが特に危険であることが分かっています。

●染毛剤 ●殺菌防腐剤 ●タール色素 ●油分 ●香料 ●界面活性剤 ●保湿剤 

染毛剤はショック死などの激しいアレルギーを起こすこともあるので、パッチテストを毎回行うようにしましょう。

殺菌防腐剤でアレルギーを起こしやすいのは、様々なタイプの化粧品に多く使われているパラベンです。タール色素は赤色219号、黄色204号の使用が規制され、使用が急減しましたら、最近では赤色202号によるアレルギーが報告されています。

油分で多く使われているのがラノリンで、保湿剤ではプロピレングリコールです。

肌が弱い人は、しっかりとパッケージに表示されている成分を確認して購入しましょう。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加