肌トラブルの原因はファンデーション?

lady-2-4実はファンデーションは、皮膚障害を起こしやすく、油焼けやシミの原因の一つになります。

液状のファンデーションは、クリームあるいは乳液に粉おしろいを配合したもので、固形のファンデーションより、油分や界面活性剤が多く使われています。ですので、液状タイプの方が、かぶれやシミなどが起こりやすいと言えます。

また、ファンデーションやチークなどの原料に使われているタルクの発ガン性が問題になっています。

ですが、タルクは化粧品に欠かせない安くて便利な原料です。中でも含まれている割合が多いのは、タルカムパウダーやベビーパウダーです。また、固形おしろいにも多く含まれています。

ですので、ファンネーションを選ぶ際にはタルクの割合が低めのリキッドファンデーションや、パウダリーファンデーションを使い、チークやアイシャドーは特別な時にだけ使うことをおすすめします。また、メイクをしている時間は短いほど良いので、帰宅後にはすぐにクレンジングと洗顔をして、メイク汚れを落とすようにしましょう。

これを習慣化することで、余計な肌トラブルも軽減して、素肌がイキイキとしてくるのを感じられますよ。

合わせて、休日など外出をしない時には、ノーメイクを心がけてましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加