界面活性剤がずっと髪についたまま…!?

sample_imageリンスは、シャンプー後の髪になめらかさを与え、しっとりとさせるためのもので、カチオン界面活性剤と高級アルコールが形成するゲルの中に油分を配合しています。

カオチン界面活性剤は毛髪に吸着し、摩擦を少なくします。一旦付着したカオチン界面活性剤や油分は、実は単なる水洗いでは落ちません。つまり界面活性剤や油分がずっと髪についたままになるのです。

油分は、毛髪になめらかさを与える効果が高いシリコーン油が用いらています。

シリコーンはケイ素を含む高分子化合物で、化学南欧を起こしにくいため、医療品や電線の絶縁剤などに使われてきました。しかし、胸を豊かにする手術でシリコーンを埋め込んだ後、皮膚や関節が固くなり、痛みが起きた女性が増え、ガンや免疫異常を引き起こす恐れも指摘されています。

アメリカでは、FDAが92年に臨床試験以外の使用は認めないと決定し製造中止になっています。シリコーンの安全性については、見解が分かれていますが、化学的に安定しており、体内に吸収されないと考えられていたにも関わらず、問題が起きた理由はわかっていません。

このようなことから、化学物質を含まないタイプのシャンプー、リンス剤を使うことこそ、健康の安全と健やかな髪をキープできる得策と言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加