美肌の大敵!便秘を改善するためにしっておきたいこと①

スポンサーリンク

204女性に多い悩みが便秘。そんな悩みを抱えている人に、ぜひ知っていただきたい便秘解消のコツをお伝えさせていただきます。

●オリゴ糖、乳酸菌の多い食べ物を積極的に摂る

善玉菌の好む食べ物はオリゴ糖。

玉ねぎやバナナ、大豆、ごぼうなどに多く含まれています。また、善玉菌である乳酸菌を直接腸へと送り込むには、ぬか漬けや、生味噌など日本古来の発酵食品が最適です。

ヨーグルトは乳酸菌が多いのですが、乳糖の分解酵素が日本人には少ないので、消化不良になりやすいのと、牛に与えられているホルモン剤や、抗生物質などが残留している可能性もあるので、食べ過ぎはおすすめできません。

 ●水分を適度に摂る

水分が不足すると便が硬くなります。なんと水分は口から飲んだ量の10分の1しか大腸に行かないのです。大腸でも水分は腸壁に吸収されてしまうので、便の中の水分はさらに減ってしまいます。体が欲していないのに無理に飲む必要はありませんが、1日に1.5L~2ℓは摂るようにしましょう。特に朝にコップ1杯の水を飲むと、蠕動運動が活発になります。

特に不溶性食物繊維を摂った時は、いつもより水分を多く摂るようにしましょう。また、女性ホルモンのうち、排卵から生理中に増える黄体ホルモンには、腸からの水分吸収を高めて便を硬くしてしまったり、蠕動運動を抑制してしまう作用があります。黄体ホルモンが多く分泌される生理2週間前から、生理中にかけては特に水分を多く摂るようにしましょう。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加