アンチエイジングの味方の抗酸化物質がたっぷり含まれる食材

スポンサーリンク

file_10

 

アンチエイジング効果を発揮する成分と言えば、ポリフェノール(抗酸化物質)。

ポリフェノールをたっぷりと含んでいる食材は身近にあるのをご存じですか?

ここでは、アンチエイジング効果を発揮する様々な食材をご紹介させていただきます。

●アントシアニン

活性酸をそ抑制する抗酸化物質で、視力工場や、肝機能改善にもよい緑色の色素です。

なす、ブルーベリー、紫キャベツ、紫いも、ぶどう、すいか、さつまいもなどに多く含まれています。

●ダイズイソフラボン、サポニン

大豆を煮ると泡立ちますが、それがサポニンの働きです。抗酸化作用のほかに同宮く効果や高脂血症を防ぐ作用があります。また、女性ホルモンに似た働きをし、更年期障害の症状を緩和したり、骨粗鬆症の予防をする働きがあります。

豆腐や、納豆、豆乳などの大豆製品に多く含まれています。

●ケラスチン

フラボノイドと呼ばれる水溶性の植物色素の一種で、脂肪吸収抑制効果が高く、脂肪の排出を促進します。その他脳の神経伝達物質も強化するので、ボケ防止にも効果的です。

玉ねぎ、リンゴに特に多く含まれていますが、紅茶や赤ワイン、ココア、ブロッコリーにも含まれているので、手軽に毎日の食事に取り入れることができます。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加