肝機能アップで肌トラブルを改善

スポンサーリンク

3155活性酸素のほとんどは肝臓で発生するので、肝機能を高めるために肝臓の活性酸素を除去するような食材を摂ることをおすすめします。

特にゴマにはゴマリグナンという抗酸化物質が含まれていますが、これは胃腸で分解されず、門脈から肝臓に直接届きます。

 

特にゴマリグナンの中のセサミンという物質は他の栄養素よりも、いち早く肝臓に到達して、活性酸素を無害化し、セサミナールというゴマリグナンも、肝臓だけでなく、全身で働いて脂質の酸化をブロックします。

ですので、おひたしにトッピングしたっり、野菜を練りごまで和えたり、ドレッシングにゴマを入れたり工夫して積極的に食べましょう。

その他、しじみも肝臓に良い様々な栄養成分が豊富です。アミノ酸のタウリンも肝細胞の再生を促進させたり、肝臓の解毒作用を高めます。肝臓は各種ビタミンや栄養素の貯蔵庫であり、例えば美肌のために欠かせないビタミンAですが、1年間摂らなくても本来なら、欠乏を招くことはないのに、肝臓の働きが悪いとちゃんと食べていても、ビタミンA欠乏に陥ります。

また、肝機能の働きが悪くなると、日光にも敏感になり、肌アレもしやすくなるなどの素肌にとっての悪影響も受けてしまうのです。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加