抗酸化物質のカロチノイドが手軽に摂れる食材

6247緑黄色野菜や果物に含まれる赤や黄色、オレンジなどの色素がカロチノイドです。

強い抗酸化作用があり、ガン予防効果もあります。

トマトやすいかに多いリコピンや、赤ピーマンや唐辛子に多いカプチン、えびやカニ、鮭に含まれる色素のアスタキサンチンなどもです。リコピンの抗酸化力はビタミンEの100倍の力があると言われています。

 

完熟トマトの方が含油量が多いので、完熟トマトが使用されていることが多いトマトピューレやトマトジュースの方た多く摂ることができます。

また、海草に多いフコイダンもガン抑制効果があることが分かっており注目されています。ただし、海草にはヨードが多く、適量なら甲状腺ホルモンの原料となり、ミネラルも多いため良いのですが、過剰に食べすぎると甲状腺疾患や甲状腺ガンのリスクが上がる可能性もあるので、適度に食べましょう。

その他には、きのこに含まれるβグル間や柑橘系の果物特有の香り成分のテンペン類には、抗ガン作用、しそに含まれるルテオリンには抗アレルギー作用があります。

緑黄色野菜に含まれる抗酸化物質は熱に弱いものもあるので、できるだけ生で食べることをおすすめします。ただし、リコピンは熱に強いため、炒めたり煮たりしても大丈夫です。

このエントリーをはてなブックマークに追加