食べ物で毒素排出してピカピカ美肌を実現

d0134497_10534839解毒の7割は腸から排便によって行われています。ダイオキシンなどは小腸で食物繊維に吸着されて、便を形作って排出されるのです。

繊維以外では、緑黄色野菜や海藻に含まれる葉緑素にも排出効果があります。

ダイオキシンを吸着される効果があるのが、米ぬか繊維や、ほうれん草繊維、大根葉繊維、キャベツ繊維、ごぼう繊維、白菜繊維、大根の根繊維、大豆繊維、大麦繊維、コーン繊維、にんじん繊維です。

また、野菜の中には解毒効果の高い成分が含まれているものがあります。ケルセチンという成分は血中で有害ミネラルをとらえて排出し、グルタチオンというペプチドにもキレート作用があります。

これが多いのはほうれん草、トマト、玉ねぎ、アスパラガス、アボカド、しそ、リンゴなどです。玉ねぎのケルセチンは、外側の茶色い皮に一番多いので、煮込み料理に使う時は良く洗って皮も一緒に煮込み、あとで取り出すと良いでしょう。

その他体内では、SODと呼ばれる解毒酵素が作られているのですが、アブラナ科の野菜に含まれるスルフォラファンは解毒酵素を活性化します。ブロッコリー、ブロッコリー酢プラウト、キャベツ、カリフラワー、大根、わさび、菜の花、小松菜、ケール、かぶ、かいわれ大根などに豊富に含まれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加