背骨は美容の基本♪

スポンサーリンク

028930img-10背骨にズレがあると、いくら美容に良いものを食べても、それをうまく細胞に運ぶことができず、内臓や組織の機能は低下して老化が進んでしまうのです。

後頭骨の歪みや頸椎1番から3番までの歪みは、顔面の神経に関連しているため、顔面神経などの機能が低下して、シミやくすみ、たるみ、シワとなって現れてきます。また、下部頸椎の7番は、お肌の新陳代謝を司る甲状腺を支配する神経がある場所。ここが機能低下すると冷えやすく、肌がくすんできます。

それに筋肉はそもそも骨についていおりその上には皮膚があります。

 

顔と背中の筋肉は筋膜を通じて繋がっていて、背中の巨大な筋肉である僧帽筋には、顔の下垂を予防し、後ろから引っ張り上げているという役割があります。

背骨が歪んで周辺筋肉の血流が悪くなると、この役割が果たせず顔がたるみやすくなるのです。

そして、頸椎の歪みは、顎関節や頭蓋骨に影響を与えるため、顔の骨が左右非対称になり、片側だけ法令線ができやすくなったり、口が飽きずらいなどの症状が出ることもあります。

上部頸椎は、自律神経の副交感神経にも影響し、脳幹にも近いため、脳の神経伝達物質の生成にも影響が出て、歪みが生じるとイライラしたり、不眠などの症状が出ることもあります。

もし、背骨に歪みがあると感じる場合は、カイロプラクターの力を借りるのも、美肌の近道かもしれません。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加