永久脱毛は本当に可能?

スポンサーリンク

20130402122521_515a4fa167c6c

 

日本では永久脱毛=1本も毛のない状態と考える人が大半です。ですが、アメリカでは美容院のように定期的に通う、ヘアーマネージメント感覚で脱毛を考える人も多いのです。

例えば、ヤグレーザーという機械は、毛包を破壊することはできませんが、一時的に毛包みを冬眠させることができます。しかし、日本で受け入れられる方法ではないためか、実際、脱毛に使われるのは、毛包を完全に破壊できるアレキサンドラレーザーとダイオードレーザーの二つです。

 

この二つのレーザーでも、一度照射すれば休止期の毛を除いた全ての毛包が完全に破壊されるかというと、そうではありません。その日の毛の状態と機械の出力の関係で、完全に破壊されない毛包がいくつか残っていると考えるのが自然です。

永久脱毛は、皮膚の中3~4ミリぐらいのところにある毛包を破壊することなので、目で見て確認することができません。これも、脱毛の難しさの一因でもあります。経験豊かな脱毛医であれば、その人の肌や毛室に合わせて機械の出力を調整し、ほぼ確実な脱毛を行うことができます。満足のいく脱毛をするためには、クリニック選びが重要になってくるので、しっかりと下調べをしたうえで、受診するようにしましょう。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加