間違いがちな除毛処理は肌を傷める原因に~除毛フォーム・クリーム、家庭用脱毛・除毛機器編~

スポンサーリンク

cb73655489b2972dca4406189739372c1気になるムダ毛をどうにかキレイにしたいと、自己流の除毛ケアを行っている人が多くいます。ですが、それぞれの除毛アイテムを正しく使っていないと、炎症や毛穴に肌トラブルが起こることが多くあります。

下記のアイテムの使い方を、ぜひ参考にしてください。

 

【除毛フォーム・クリーム】

表面に出ている毛を溶かすので、カミソリのように毛の断面が太くならず、伸びてきたときにチクチクとすることがありません。ですが、除毛フォーム・クリームを塗って5~10分ほどは放置しなければいけないという面倒さもあります。さらに、化学薬品の作用によって毛を溶かすので、肌の弱い人は、ヒジの内側などでパッチテストを必ず行うようにしましょう。

【家庭用脱毛・除毛機器】

顔、脇、腕、足用など、用途によって様々なタイプのものが市販されています。短時間で広範囲を処理できますが、脱毛するには逆さ剃りをするよう説明書に書かれているものもあり、これがトラブルの原因になっています。毛流に逆らって脱毛すると毛穴を傷つける可能性が高くなるので、理想は毛流に沿って使用することです。

また、逆さ剃りによって毛穴が目立つようになるなどのトラブルも起こりやすいのです。

あまりに痛みがひどい場合は、逆さ剃りはやめるようにしましょう。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加