脱毛豆知識:どれくらいの痛みを感じるのか?

スポンサーリンク

thレーザー脱毛でも、絶縁針脱毛でも痛みはあります。効果のある出力でレーザー照射をしたり、絶縁針を通電すれば、理論的に痛みを感じると考えるのが普通です。

毛包を破壊するというのは、言い換えれば皮膚の下3~4ミリぐらいの場所をヤケドさせるということです。つまり、痛くなければヤケドも起こらず効果がないということになります。

痛みがあると言っても、痛みが強い場合には麻酔を使用することもできるので、安心して受けることができます。

【部位ごとの痛みの感じやすさ】

・顔…毛根が浅く、毛が細いのであまり痛みを感じない

・脇…毛根が深く、毛が太いので痛みを感じる

・腕…毛根が浅いので、あまり痛みを感じない

・手の甲、指…脂肪組織がないので、痛みを感じやすい

・太もも…皮下脂肪が多いので、ひざ下よりも痛みはない

・ひざ下…太い毛にしゅる力レベルを合わせるので痛みを感じる。塗るタイプの麻酔を使う人も多い

・襟足…毛が密集しているため、比較的痛みを感じやすい

・背中…皮膚が厚いので、あまり痛みを感じない

・胸…毛根が浅く毛が細いので、あまり痛みを感じない

・乳輪…毛穴が広いので、あまり痛みを感じない

・Vライン…毛根が深く毛が太いので、痛みを感じる

 

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加