冷えの影響はまず、顔にあらわれる

スポンサーリンク

疑問

 

肌は心身の状態を表す鏡と言われています。皮膚の細胞は、血液を通して栄養や酸素を受け取り、老廃物を排出していますが、血液の循環が滞ったりすると、その働きがうまくいかず、肌の状態が悪くなるのです。

また、体は冷えを感じると、まず内臓にある中心部を優先して温めようとするため、手足の先や、皮膚の血流が少なくなってしまいます。

 

 

特に、顔の皮膚はいつも外気に触れているので、冷えの影響を一番受けやすいところです。健康な肌は、28日周期で生まれ変わる、いわゆるターンオーバーを繰り返していますが、このサイクルが崩れると、シミやくすみ、むくみ、シワ、ニキビといった症状が出てきます。化粧水などで潤いを与えることも必要ですが、大切なのは半身浴や適度な運動で体の芯から温めることです。また、症状がひどい場合は、マッサージなどを行うと効果的です。

【冷えがあらわれるポイント】

・乾燥、シワ…新陳代謝がうまくいかず、肌表面に残ってしまった古い角質には、水分を十分にキープする力がありません。

・シミ、くすみ、ニキビ…ターンオーバーが乱れると、メラニン色素が蓄積してシミとなたり、余分な角質が肌をくすませたり、毛穴に皮脂がたまって炎症を起こし、ニキビとなることがあります。

・むくみ…血行が悪くなると、余分な水分がたまり、むくみの原因に。朝起きた時、まぶたや頬が腫れぼったくなっていたら、黄色信号です。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加