おうちでエステ!フルーツの力~柑橘系コラム~

スポンサーリンク

th

甘酸っぱい香りに心が癒されてくる手作りスキンケアの素材と言えば、柑橘類です。レモンを代表とする柑橘類は、大きくわけて二つの部分を使います。

一つは果汁。酸味のある柑橘類の果汁は、肌や髪を弱酸性に保つ手助けをする働きがあるため、化粧水やヘアリンス使うことができます。

 

また、くすみが気になる時にハンドスクラブやパックに少し加えるのもおすすめです。二つ目は皮を圧搾して抽出した精油です。精油は植物から採れる芳香エッセンスで、レモンやスイートオレンジ、グレープフルーツなど精油によって香りも違えば、使用目的も違ってきます。

例えば、スイートオレンジは甘くて優しい香りが特徴で、心を落ち着かせる作用があるため安眠を促す精油とも言われています。グレープフルーツは、シャキッとさわやかな香りが特徴でむくみにも効果があるため、マッサージオイルに最適です。

ベルガモットの精油は、他の精油とブレンドことが多く、どの精油とも相性が良く、単独で使うより馴染み見やすい香りになります。

精油を買うのは知識がいるし、値段も高い…と敬遠している人もいるかもしれませんが、柑橘系の精油は香りも親しみやすく、値段も比較的手ごろなので、興味がある人はアロマショップでサンプルの香りをかいで試してみてください。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加