上手な洗顔料の選び方

woman洗顔石鹸の主な目的は、肌に残ったクレンジングやホコリ、皮脂などの汚れを取り除くというものです。

洗顔剤には、固形石鹸や、フォーム状のもの、リキッドタイプ、ジェルタイプなど様々な種類がありますが、きちんと汚れが落ちるものならばどれでもいいんです。

 

この“きちんと汚れが落ちる”というのが肌にとって一番大切なポイントで、その判断基準は洗った後の肌状態の感触にあります。

汚れがしっかりと落ちている肌状態は、ある程度つっぱり感があります。

すすいでいる時にキュッキュッと肌がしていることがベストで、この感触は、乾燥肌やオイリー肌などの肌質による違いはありません。

洗顔料を選ぶ際には、サンプルなどでまずはどんな使用感なのかを試してみることをおすすめします。

また最近では、肌にやさしいという理由から弱酸性の洗顔料に人気がありますが、洗浄力が弱いというデメリットがあり、メイクなどの油分が十分に落ちず、肌に残り余計な肌トラブルを招いてしまうこともあるので注意して選びましょう♪

赤ちゃん用の石鹸は肌に負担をかけないと思われがちですが、殺菌効果が高いことがあり、大人の肌にとっては刺激になることがあるので、自分の肌に合ったものを使うことがベストです。

このエントリーをはてなブックマークに追加