ウォーキングでダイエットが成功しやすい体になる!

walking-1-938x1024体を常に活性化している状態にすると、美肌はもちろんのことたくさんの嬉しい変化が起こります。

ウォーキングを始めて1週間目あたりから、レプチンというホルモン物質が脳内に分泌されるようになり、続いてケトン体という化学物質が脳に分泌されます。

そうすると、満腹中枢が刺激されて、食事をしなくてもさほど空腹感を感じなくなり、とっても楽ちんに、ダイエット成功が叶います。

 

ウォーキングを始めてまだ間もない頃など、お腹が空いて辛いと感じる場合は、温かい緑茶を1杯飲んでみましょう。これだけでずいぶんと空腹感が和らぎます。それに、緑茶にはコーヒーよりも多量のカフェインが含まれているので、緑茶を摂った後にウォーキングをすると脂肪も効率よく燃焼され、より一層ダイエット効果が高くなります。

また、空腹感にもメリットがあるんですよ。空腹感を覚えると腸内にモチリンというホルモン物質が分泌されて、腸の蠕動運動が促進されて排泄が進むのです。お腹が空いたからといって、すぐに何かを食べてしまうのですはなく、たまには空腹を感じる時間を長くとることで、ガンコな便秘も解消されますよ。

ウォーキングと空腹感を上手に使いこなすことで、ダイエット成功と内側からのキレイを手に入れることができます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加