肌と瞳を輝させるドーパミン

スポンサーリンク

img_0美肌を作る快楽ホルモンと言えば、ドーパミンです。ドーパミンは肌と瞳をキラキラと輝せるのです。それは、ドーパミンは脳の働きを活性化して心を快活にする力が強いから。

脳がイキイキと活発に働いている時、その活発さは肌や瞳に反映されます。

体を動かして15分後、脳内でベータエンドルフィンの分泌が始まり、さらに20分後にはドーパミンの分泌が始まります。その後しばらくの間は、この2種類の快楽ホルモンが相乗効果を見せます。テンションが上がり、肌の状態や体の調子が活発になります。

 

また、脳の前頭葉にドーパミンがたっぷりと分泌されていると、なぜか気分がウキウキとしてきます。急にふと大きな夢や目標を見つけたり、これまで考え付かなったアイデアが浮かんだりします。このようなことから、ドーパミンは希望のホルモンと呼ばれたりもします。

ただし、ドーパミン効果で浮かんだ思いつきは、やや妄想的であったり、幻想的で現実味にかけているものであったりすることが多いのも事実です。そうした欠点を補ってくれるのが、セロトニンというホルモンです。セロトニンとドーパミンをバランス良く活用することが、夢の現実を近くしたり、充実した毎日を過ごせたり、いつまでも若々しい肌をキープできるコツです。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加