肌の土台になる骨を丈夫にすることが美肌への近道

20100805101634650

 

肌の土台になる骨を丈夫にすることが、美肌への近道と言えます。

骨を構成している細胞は、約2年で全て入れ替わります。その新陳代謝のしくみを活かし、肌の土台となる骨を作り直していきましょう。

 

まずポイントとなるのが、●適度な運動(ウォーキング)●カルシウムを豊富に含む食品を摂る●日光に当たることです。

カルシウムは、骨を丈夫にすることのほかに様々な働きをしています。例えば、細胞はその機能を正常に保つためにカルシウムを必要とします。細胞の順調な成長、内分泌系システムの調整など、様々な面でカルシウムが役立っているのです。私たちの体は、その時々に必要とされるカルシウムを骨から取り出して使っているのです。少なくとも今ある量を維持するために、毎日600mg以上のカルシウムを摂り続ける必要があります。

女性は25歳を過ぎるあたりになると、年に約1%の割合で骨量が減少していきます。

また、カルシウムはマグネシウムと合わせてとることで吸収率がぐんとアップするため、マグネシウムを豊富に含む食材と合わせて摂るようにしましょう。

マグネシウムを豊富に含む食材とは、小麦胚芽、玄米、ナッツ類、酵母、豆腐などです

3か月実行するだけでも、肌は見違えるように美しく変わっていきますよ

このエントリーをはてなブックマークに追加