運動後にタンパク質をたっぷりとると肌の自己再生能力がアップする

Krijger-Yoga-300-dpi

 

運動後にタンパク質をたっぷりと摂ると、肌の自己再生能力がアップするのをご存じですか?

自己再生能力とは、新しい細胞を次々に作り出すことです。その際に欠かせないのがタンパク質。新しい細胞はタンパク質を元に作られるのです。

 

ですので、成長期を過ぎた大人の女性も、タンパク質の摂取量を減らさないようにしまししょう。魚や肉、豆、乳製品、卵などの高タンパク食品を毎日欠かさずに食べることをおすすめします。

これらの高たんぱく食品は、良質なタンパク質を豊富に含むだけでなく、体に必要なアミノ酸がバランス良く含まれているので、体全体の老化を防ぎ、活性化された新しい細胞を作るのに大変役立ちます。

また、運動をしてしばらくすると、筋肉痛を感じることがあります。これは、運動によって筋肉に強い力がかかり、細胞が傷ついて炎症を起こすためです。一見傷つくことは悪いことのように思うかもしれませんが、とっても良いことなんですよ。

傷ついた細胞はサイトカイン10という若返りホルモンの助けを借りて傷を修復していきます。この時に今まで以上に体中に強い細胞を新たに作り出すようになるのです。

運動した後に筋肉痛を感じてもがっかりせずに喜んでくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加