美肌に役立つサプリメント②

menu04_img01

 

 

ここでは、美肌づくりに大切なサプリメントをご紹介させていただきます。

 

 

●コエンザイムQ10

ダメージを受けた細胞ミトコンドリアの活性化をさせます。

摂取量:1日60~100mg

摂り始めてすぐに効果を期待することができません。コエンザイムQ10の摂取は保険のようなものと考え長期的に摂取することで、更年期以降の不調を抑制することができます。

 

●カルシウム

骨の強化、老化による骨格の変形を予防、細胞の成長を調整、高血圧やコレステロールの抑制に効果があります。

摂取量:1日1200mg

中更年期以降、特に閉経後はカルシウムの焼失率が上がる一方、吸収力が低下するので、摂取量を増やす必要があります。合わせて適度な運動を継続することにより、骨への吸着率が高まります。年齢や状態にかかわらず、カルシウム摂取により骨を強化することができ、高齢だから遅すぎるということはありません。

 

●レシチン

細胞膜を作る、肌アレやシワの予防、血中コレステロールを溶かして血液をサラサラに保つ、肥満防止などの効果があります

摂取量:1日3000~6000mg

レシチンは卵黄や大豆に多く含まれており、肌のツヤやハリを守り、若さを保つ効果があります。加齢にしたがって体内で作られる量が減少するため、サプリメントで補う必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加