ストレスと肌トラブルの関係とは?

スポンサーリンク

20080924113919現代人とストレスは切っても切れない関係ですよね。

ストレスはその人の体の中で弱いところに症状として現れるんですよ。

肌が弱い人はカサカサ肌になったり、ニキビができたりします。

なぜ、ストレスが原因で様々な肌トラブルが起こるのでしょうか?

ストレスを感じると体の中に活性酸素が発生します。

この活性酸素が細胞を傷つけるため肌老化や、肌トラブルを促進してしまうのです。

そして、同時に免疫機能も低下するので、肌バランスが乱れニキビなどができやすくなったりします。

また、ホルモンバランスが乱れることで自律神経がバランスを崩すこともあり、肌トラブル以外の体への不調を引き起こすこともあります。

 ストレス対策に最も効果的なのがたくさん体を動かすこと。

運動することで自律神経が安定するんですよ。なので、週末などの休みの日は家にこもらずに外出して気分転換するようにしましょう。

 また、リラックスする時間を持つことも、ストレス緩和に役立ちます。

中でも香りは気持ちを落ち着かせる癒し作用があるので、帰宅後にアロマテラピーを楽しむのもおすすめです。バスタイムに良い香りの入浴剤を入れて時間をかけて入浴するのも良いでしょう。

香りは、東洋医学でも気を巡らし、体全体を活性化すると考えられています。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加