ニキビ予防には毎日6時間以上の睡眠!

スポンサーリンク

名称未設定-1ニキビが出来てしまう原因の一つがホルモンバランスの乱れによるものです。

ホルモンバランスの乱れで出来たニキビを毎日のスキンケアで治そうとしても、実はとても難しいのです。

まずは、ホルモンバランスを整えことが大切で規則正しい生活を送ることで改善することができます。

特に睡眠不足になると、肌の免疫力が低下しニキビができやすくなります。ニキビを作らない肌にするためには毎日6時間以上の睡眠を心がけましょう。

食事や入浴に時間をかけるよりもそれらを手早く済ませ、しっかりと眠る時間を確保する方が肌アレの改善には効果があります。

ただし、1日に6時間以上寝ていれば良いというわけでもありません。眠る時間がその日によって違うと、体内時計が乱れて、肌の再生や修復に関わる成長ホルモンの分泌がうまくされなくなります。ですので、できるだけ同じ時間に眠って、同じ時間に起きるという規則正しい睡眠を取るようにしましょう。

寝具やパジャマに関しても体がゆったりとくつろげるものを選ことも大切。アロマなどを活用することで質の高い睡眠を得ることができますよ。

睡眠はニキビ予防だけでなく、美肌を手にいれる特効薬です。毎日しっかりと熟睡することで、肌トラブルのない健やか肌を手に入れることができます。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加