界面活性剤の問題点とは?

kshouhin2皮膚には元々、外から異物が入ってこないようにする保護機能があります。

この保護機能は皮脂膜と角質層できていて、肌の水分が蒸発をさせない働きをしています。

ですが、この肌の保護機能を壊してしまう成分があります。それは、化粧品やシャンプーなどに含まれている合成界面活性剤です。

合成界面活性剤は水と油分を乳化させるために使われる化学物質で、クレンジングやクリーム、メイクアイテムなどに含まれています。

ですが、合成界面活性剤には下記のような問題点があるんです。

●肌に必要な皮脂や水分まで取り去ってしまう

●肌の保護機能を壊すことで、異物を浸透させてしまう

●肌の保護機能が壊れることで、皮膚の水分が蒸発し乾燥を招く

●使い続けているうちに肌の保護機能が弱くなり、乾燥肌や敏感肌、老化肌を招いてしまう

●細胞間脂質を溶かして、肌を傷つける

●水では落ちにくく、肌に残りやすい

●皮膚バランスを整えている善玉菌を取り去ってしまう

これら以外にも肌の保護機能の働きが鈍くなり、化学物質を吸収。それらが血液にのって体中に行き届き内臓にも負担をかけてしまうという懸念もあります。

肌と健康のことを真剣に考えるなら、合成界面活性剤を含まない化粧品を選ぶことが重要だと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加