週に1日の肌断食で肌が蘇る!

PN2011082301000292.-.-.CI0003夜眠る時に何も塗らない方が、肌の治癒力が高まることをご存知ですか?

眠っている間には傷ついた細胞を修復する成長ホルモンが分泌されます。この修復作業をスムーズに行うためには、肌への負担をできるだけ軽くすることがとっても大切なんです。

また、肌を甘やかさせ過ぎると肌自体が皮脂をだそうとする能力が低下してしまいます。乾燥がかなり気になる時以外は、夜のスキンケアは化粧水とクリームなどを薄くのばす程度の保湿で十分です。

 そして、週に1度は1日肌に何もつけない肌断食の日を設けるのもおすすめです。

最初は慣れていないことから乾燥が気になるかもしれませんが、その期間を乗り越えると肌本来が持っている蘇生力が働き出し美肌へと変化していきます。ただし、冬などの空気が乾燥しているときは無理をせずにクリームを軽く塗るなどしましょう。肌の乾燥がひどくなるとシワができやすくなるので、肌の調子を見ながら行ってください。

また、眠るときにエアコンをつけっぱなしで寝ているという人もいると思いますが、余計に肌の乾燥を招いてしまうので、できるだけ消して寝るようにしましょう。

出来れば冬の間は加湿器を利用して、空気を乾燥させないようにする工夫をすることも大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加