シミのタイプ別の対策法とは?

001

シミには様々なタイプがあり、そのタイプによってお手入れ方が異なることをご存知ですか?

ここではシミのタイプの見分け方と、効果的なケア法をご紹介させていただきます。

 

 

●老人性色素斑

シミの中でも最も多いのがこのタイプです。主に紫外線の影響で出来てしまうシミです。頬の高い位置にできやすく、薄い茶色から次第に濃くなってくるのが特徴です。

対策法としては、初期の薄い色の状態のときに美白化粧品を使うことで、消すことができます。濃くなると消えづらくなるので、早めのケアが大切です。

●肝斑

女性ホルモンのバランスの崩れから頬骨あたりに、左右対称にできるシミです。対策法としては美白化粧品を使うこと。そしてピーリングも効果的です。合わせて内服薬を併用すると早く効果ができます。

 ●炎症性色素沈着

ニキビ跡や傷跡が茶色いシミに変化したものです。対策法としては、美白化粧品を使うことで、特にビタミンC誘導体を含んだものだと高い効果が期待できます。

●そばかす

そばかすは厳密にいうと遺伝的なものです。特に色白の人に多く見られます。理論上では美白化粧品の効果もある程度でますが、遺伝的なものなので、解消することはなかなか難しいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加