肌に変化をもたらす2つの女性ホルモンとは?

スポンサーリンク

8a812166a3ff3a2541c4810359556a39生理前になるとニキビができやすくなったり、肌がカサカサしたりするなどの肌トラブルが起こると悩んでいる女性は多くいます。

これは、女性ホルモンの変化によって引き起こされるのをご存知ですか?

ここでは、2つの女性ホルモンの関係をお伝えします。

 

 

 

●肌トラブルを起こす「黄体ホルモン」

女性ホルモンの1つに「黄体ホルモン」があります。このホルモンは生理前に分泌されるホルモンで、皮脂分泌を増やすためニキビなどができやすい肌環境を作りだします。また、むくみやイライラもこのホルモンの影響です。

このように生理前の肌はとても敏感な状態なので、美白などの攻めのケアは行わずにシンプルなケアを徹底しましょう。また、この時期はシミができやすいので、UV対策をしっかりと行うことをおすすめします。

 ●ぷるぷるツルツルの肌にする「卵胞ホルモン」

そして、もう一つの女性ホルモンが「卵胞ホルモン」です。このホルモンは、生理後に分泌されるのですが、コラーゲン量を増やす作用があるので、肌をぷるぷるの潤いがある状態になります。

この時期の肌は美容成分を吸収しやすい状態にあるので、アンチエイジングなどの攻めのケアを行うことで、より効果アップを期待できます。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加