化粧水の役割と必要性とは?

スポンサーリンク

66b84854a48f270e448a619852b3c64a化粧水をつけるという行為は誰しも当たり前になっていると思いますが、そもそも化粧水の役割の本当の意味をご存知ですか?

化粧水=肌を潤いの元と思われがちですが、化粧水は肌の水分になることはありません。

化粧水だけのスキンケアをしているという人もいますが、これだけでは十分な肌への保湿はできないのです。

 

それは、化粧水自体がほとんど水でできていて、保湿成分があまり含まれていないからです。化粧水は何のために使うかというと、次に使う美容液やクリームなどを浸透しやすくするため。もし、化粧水にも美肌効果を求めたいと願いのであれば、美容成分を配合したものを選ぶようにしましょう。

おすすめは、ビタミンC誘導体。ニキビ予防や、美白、毛穴の引き締め効果など様々な肌の嬉しい働きをするんですよ。この成分はクリーム状のものよりも水に配合した方が効果が高まると言われています。

その他にも、水溶性の抗酸化成分であるオウゴンエキスや、リコピン、グレープシードオイルなどの植物エキスや、アミノ酸やヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分も水溶性なので、化粧水に入っていることで肌の潤いの底上げをしてくれます。

 自分がどんな肌になりたいのかを考え、上手な化粧水選びをしてくださいね!

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加