新しい肌が生まれるターンオーバとは?

スポンサーリンク

E1371019118107_1肌を美しく保つためには、常に新しい肌が生まれやすい肌環境を作ることが最も大切です。

角層以下の表皮は、肌を新しく作り出している場所ですが、この部分で肌を作る細胞が生まれ、そして次々に入れ替わっているのです。これを肌のターオーバーといいます。

表皮の一番下にある基底層で新しい細胞が生まれて、約28日ほどかけて角層へと上がっていき、最後は垢となって剥がれ落ちるサイクルがターンオーバーです。

例えば、皮膚の傷や、乾燥、日焼けなどの肌トラブルを起こしていても、細胞がスムーズに入れ替わっている場合は、すぐに健やかな状態に戻すことができます。

ですが、このターンオーバーは年齢を重ねるにつれて、期間が長くなり40代になると約40日ほどかかると言われています。なので、若い頃よりも傷の治りが遅かったり、シミがなかなか消えないと感じると理由がここにあります。

また、その逆で肌のターンオーバーが早すぎると皮がむけてしまいヒリヒリとしてしまうこともあります。肌のターンオーバーは遅くても、早くても肌はキレイな状態にはならないのです。

健康的な角質細胞をしっかりと作り出せるよう、一定のサイクルを保つことこそが、美肌への近道と言えます。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加