化粧水は手?それともコットン?

スポンサーリンク

p_himitu化粧水=肌の潤いの元と思われがちですが、実は化粧水がそのまま肌の水分になるわけではないんです。

よくスキンケアは化粧水だけ!という人がいますが、化粧水だけのケアでは十分の保湿ができないのです。それは、化粧水の成分はほとんどが水だから…。

では化粧水は何のためにつけるのでしょうか?

それは、次に使う美容液やクリームなどの浸透をスムーズにするためなんです。

ただ、化粧水にも美肌効果を求めたいという人には、美容効果のある化粧水を選ぶことが必要になります。

 また、よくエステサロンなどでコットンを使って化粧水を馴染ませることが多いですが、自宅での普段のスキンケアではコットンを使う必要はありません。

それは、どんなに上質なコットンでも、肌の上を滑らせたりパッティングすることで、肌に刺激を与えてしまうからです。ゴシゴシとこすることで、角層に小さな傷とつけてしまうことに…。

角層が傷つくと、肌の潤いが蒸発し、外からの刺激物が肌に入り込みやすくなります。そうなることで、肌は乾燥して老化の促進に繋がってしまうのです。

中には、手が化粧水を吸い取るという話をする人がいますが、そんなことはありません。もし、手に化粧水が浸透するのであれば、水をすくこともできませんよね?手を使ってやさしく押さえるように馴染ませることが、肌に負担をかけない化粧水のつけ方と言えます。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加