様々な種類があるスキンケアのメインディッシュの美容液

26美容液の大きな特徴は、保湿成分や美白成分などの有効成分が豊富に含まれているということです。

スキンケアの中のメインディッシュと言えるような重要なアイテムなんですよ。

 

 

実は美容液には正しい定義がないので、たくさんのメーカーが色んな種類のものを作っています。例えば、ジェル状のものやクリーム状のも、水っぽい質感のものなど様々あります。

となると、美容液はどのように選べば良いのでしょうか?

まずは、配合されている有効成分をチェックします。保湿や美白、アンチエインジグンなどに効果がある成分を含んでいるものが多くあります。

 ―美容液の種類―

●保湿美容液

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されたもので、肌の水分をキープして潤いを逃さない働きをします。

 ●美白美容液

ビタミンC誘導体やアルブチン、カモミラETなどの美白成分を含んだものです。シミを作りだすメラニンの生成を抑制する作用もあります。

 ●アンチエイジング美容液

レチノールやナイアシン、ポリフェノールなどの有効成分を配合したものです。肌の弾力の元となる線維芽細胞に働きかけることができます。

美容液はシーズンごとに変える必要はありません。量を調節するだけで良いのです。乾燥が気になる冬は多めに、夏は少なめに塗るといった具合にしましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加