たっぷりの乳液&クリームが肌に負担をかける

product_concept_skincare_img内側からハリのある潤いある肌を目指したいあまりに、乳液やクリームをたっぷりと塗っているという女性は多いと思います。

潤いのある肌は角質の中の水分と脂分、天然保湿因子のバランスが取れた状態にあります。

十分な水分が保たれ、自然に分泌された皮脂が水分の蒸発を防ぐためにコーティングの役割をしているのですが、油分が不足した時、クリームや乳液で油分を補給することが必要になります。

 

若い時期には皮脂分泌が盛んなので、天然のクリームとして水分の蒸発を防いでいるため、補給するとしたら乳液程度十分です。ですが、30代~は皮脂分泌が減少するためクリームが必要になってきます。

クリームはあくまで不足分を補うためのもので、皮膚の表面に過剰な油分があると、それは汚れとして毛穴に残り、ニキビの原因になります。また、油分が空気に触れると酸化して肌に刺激を与える物質に変わり、この状態が長く続くと日焼けのシミなどの肌トラブルを招いてしまうのです。

ですので、たっぷりのクリームや乳液を塗ることが肌に負担をかけてしまうことにつながります。クリームは乾燥しやすい目元や口周りは多めに使い、その他の部分は肌をコーティングする程度の量で十分なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加