たるみが起こる原因と種類

スポンサーリンク

01a

 

たるみはシワと同じように、真皮のコラーゲンやエラスチンの変化によって現れます。

コラーゲンが弾力を失ったり、コラーゲン同士を繋ぐエラスチンが減少したりすると、繊維全体のネットワークが崩れ、たるみが起こります。

たるみの現れ方には、たるみ毛穴、涙袋、二重あご、法冷線などがあります。

 

 

たるみ毛穴は初期のたるみと言え、多くの人が頬などの毛穴の開きからたるみを感じ始めます。若い時はハリを司るコラーゲンが毛穴の周りを支えていますが、コラーゲン減少と共に、支えきれなくなり毛穴が開いてきます。

涙袋は、薄い目元と皮膚のたるみです。眼球の周りにある脂肪を支えきれなくなり、下まぶたの皮膚が膨らんだように見えてしまうこともあります。

二重あごは、フェイスラインのたるみ。太ったわけではないのに二重あごになるのは一種のたるみです。頬からあごまでが顔の中で最も脂肪の厚い部分で、それらを皮膚が支えきれなくなることで起こります。

最後に、法冷線は、よくシワと間違われますが、実はたるみが原因で起こります。頬の厚い脂肪を支える皮膚や皮下組織がたるんで顔全体が下がってることで現れます。

それぞれのたるみごとの適切なケアをすることが、改善への近道と言えます。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加