ニキビができるしくみを知る!

スポンサーリンク

thumb_220_ph02

 

ニキビは、誰しも一度は経験したことのある肌トラブルだと思います。なぜ、ニキビができるかを意外に知らない人も多いのではないでしょうか。

まず、ニキビは皮脂が多いからできるわけではありません。乾燥肌の人でも大人ニキビはできます。また、皮脂の少ない頬にだけできるという人もいます。

 

 

ニキビができるきっかけは、毛穴の入口付近の角質が厚くなって、毛穴をふさいでしまうこと。ふさがれた毛穴の中に皮脂がたまり、アクネ菌が過剰に繁殖してニキビができるのです。乾燥している部分でもニキビができるのはこのためです。

昔から、アクネ菌=ニキビの原因だから殺菌が大切だという考えもありますが、アクネ菌は皮膚の常在菌の一つで、肌表面のバランスを正常に保つ働きを担っているため殺菌してしまうわけにはいきません。

では、何が本当のニキビの原因かというと、ホルモンバランスの乱れや免疫力低下です。このような体内バランスの乱れには、ストレスや不規則な生活、偏食、睡眠不足、運動不足などの生活のあらゆることが影響します。

ですので、ニキビが慢性的にあるようであれば、日々の生活習慣の食事内容や睡眠、ストレスなどの見直しから始めることがベストだと言えます。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加