ムダ毛処理による肌トラブルとは?①

111023komuragaeri-thumb-640x480春~夏にかけて露出する機会が増えると気になるのが、ムダ毛。

ですが、自己流のムダ毛ケアは肌に大きなダメージを与えてしまいがちです。

ここではムダ毛処理の方法によって、どんな肌トラブルが起こるかをご紹介させていただきます。

 

[剃る]

●電気カミソリ

電気カミソリは、穴の中に毛を引き込みながらカットしていくので、深剃りができるのが特徴です。ただし、皮膚の一部まで一緒に切ってしまうこともあり、その傷口からかゆみが出たり、シミになったりすることもあります。皮膚が弱い人には不向きと言えます。

●T字カミソリ

T字型の安全カミソリは、自分で細かい手加減がしやすいのが特徴です。毛穴が鳥肌のようにポツポツ立っている人は、深剃りの電気カミソリだと肌を傷つけやすいので、こちらの方が向いています。ただし、剃ったあとに肌が乾燥してかゆくなることがあるので、除毛後はクリームや乳液などを塗ってしっかりと保湿対策をするようにしましょう。

 【抜く】

●毛抜き

毛抜きを使って1本ずつ抜いていく方法ですが、脇などを繰り返し抜いていると皮膚が硬くなることもあります。また、皮膚の下に埋もれた埋没毛ができて、そこから毛穴が膿んだり炎症をする毛嚢炎を起こすことがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加