ムダ毛処理による肌トラブルとは?②

スポンサーリンク

datsumou

 

自己流でムダ毛の処理をしているという人は多いと思います。ですが、除毛は大きな肌ダメージを与えてしまうことをご存じですか?

ここでは、ムダ毛処理の方法によって、どんな肌トラブルが起こるかをご紹介させていただきます。

 

 

【抜く】

●テープ

除毛したい場所に粘着力のある専用のテープを貼って、剥がしとる方法です。一度にたくさん抜けるという手軽さはありますが、その分肌ダメージも大きいと言えます。また、ワックスと違って角質も一緒に剥がしてしまうことも多いので、肌が弱い人や敏感肌の人は避けた方が良いと言えます。

●ワックス

温めたワックス(ミツロウやパラフィンなどの固形油)を皮膚の表面に塗り、冷えて固まってから剥がして除毛するという方法です。肌が温められある程度、毛穴が開くので毛抜きやテープでの除毛より、若干肌ダメージは少ない方法です。また、パラフィンパックと同じ原理で、除毛後に肌がしっとりとする保湿効果もあります。

●家庭用脱毛器

電気式の脱毛器で、皮膚を温めたり毛の周りの皮膚を抑えながら抜くので、毛抜きよりは肌への負担が少ない方法です。ですが、抜くことには変わりがないので、処理後に肌トラブルが起こることもあります。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加