ムダ毛処理の仕方によっては大きな肌ダメージを受ける

スポンサーリンク

4bd8dda6f27a190900c4162c31535a9c肌の露出が増える季節になると気になるのが脇や手、足などのムダ毛。

女子心としては、伸ばしたままにはできないので、ムダ毛処理は必要ですが処理の際にどうしても肌に負担をかけてしまいます。

特にカミソリで剃るよりも毛抜きなどで抜く方が肌ダメージが大きくなります。

それは、抜く=皮膚の一部をちぎることになるからです。

毛は毛根にある毛母細胞の分裂によって成長します。毛母細胞は周りにある血管から酸素や栄養を吸収しながら細胞分裂を繰り返しています。つまり、毛根自体は生きているということ。毛を抜くとこの生きている細胞を引き裂くことになるので、当然のごとく痛みを伴います。

目には見えませんが、毛穴の中で多少の出血もしているのです。

抜くことを繰り返していると毛穴が炎症を起こしたり膿んだりし、その炎症の跡がシミになったりするなど、様々な肌トラブルを引き起こします。

 最近では、自宅でできるワックス、テープ、家庭用脱毛器などの肌にあまり負担をかけないムダ毛アイテムが揃っています。またエステサロンなどで受けられる肌に負担をかけない脱毛方法もあるので、様々な知識を得ながら自分にあったムダ毛ケアを探してみると良いでしょう。

 

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加