乾燥肌の人に合った化粧品の使い方

スポンサーリンク

005

 

 

カサカサや肌荒れがちな乾燥肌。主に小じわができやすいという特徴があります。

ここでは、乾燥肌に合った化粧品の使い方をご紹介させていただきます。

 

 

 ●洗顔

メイクをしていない時は、水で洗うだけで十分です。メイクした時だけにクレンジングや石鹸で洗顔し、ぬるま湯ですすぎ、最後に水で仕上げ洗いします。自然に皮脂が出やすいように油分や保湿剤が入っている洗顔剤はできるだけ使わないようにしましょう。

週に1回程度、ひとつまみの塩を両手でお湯に溶かし、やさしく1~2分ほどマッサージして濯ぐことで、肌を清浄な状態に整える効果と、肌機能アップを目指せます。この時、ごしごしと擦らないようにやさしく行ってください。

 ●基礎化粧品

夜は洗顔後に酸性タイプの化粧水をつけて、カサカサが気になる所にだけ、オリーブオイルなどのピュアなオイルやクリーム、美容液で油分を補います。朝は洗顔後、メイクをしていない時は化粧水だけにします。つっぱりが気になる度に化粧水を補いましょう。

 ●化粧品の選び方

健康な皮膚には皮脂腺から皮脂が分泌され、外からの有害物質や細菌の侵入を防いでいます。クリームや美容液では補えない大切な皮脂を活発に分泌させるには、むやみに油分を補わないことです。できるだけ油分を控えめにし、カサカサが気になるところだけを補うようにしましょう。そうすることで、バランスの良い肌質を叶えることができます。

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加